埼玉県商工団体連合会
□HOME  |埼商連のおいたち民商運動の起こりと3つの理念活動案内民商新聞


         まちに活気!!商売に元気

景気回復、消費税は今すぐ3%に
中小業者の「仕事がほしい」「商売を続けたい」の願いは切実です。
民商では身近な仲間が集まって、お互いの商売について話し合い、はげましあっています。「消費税は廃止すること、当面3%に引下げを」の運動をすすめ、官公需の発注は地元業者にと運動、自治体の施策の活用、仲間同士での新製品の開発などにも努力しています。活気あるまちづくりにも、商店街や住民の人たちと力を合わせています。大企業による中小業者いじめを許さず、公正なルールの確立をめざしています。

税金対策の強い味方
税務調査はほとんどが任意調査ですが、納税者の権利をふみにじった乱暴な調査がまかり通っています。
民商は納税者の権利を学び、納得のいく調査になるように仲間で立会いをしています。
「税務調査でわけが分からないうちに、不当に高い税額が決められ、資金繰りに苦しみくやしい思いをした」という人が少なくありません。民商ではしっかりした自主記帳・自主計算にとりくんで、重税の押付けなど不当な税務行政を許さないたたかいをしています。 

  自信アップ きびしい不況乗り切るためには、営業を見直しきめこまかい対策を立てることが必要
  です。記帳を続けることで、経費削減や早めの資金繰り計画が出来ます。

  信用アップ 記帳や決算がしっかりしていれば、金融機関との交渉が有利。家族や従業員との
  経営改善の話し合いの方向も見えてきます。


  権利アップ 日常的な記帳で、赤字でも納税しなければならない消費税の実態や、高くて高くて
  払えない所得税などが見えてきます。税務調査の時も堂々と主張が出来まする。税制改正や社会保
  障の改善する大きな力にもなっています。


金融対策も安心
苦境に立つ中小業者にとって融資は「いのちの綱」です。
民商は貸し渋りする銀行に「公的な使命」をはたせと交渉し、次々と融資を実現させています。一昨年の秋は特別保証制度をつくらせ、商工ローンやサラ金などの借換えも実現しています。
もともと民商は「中小業者に融資を」と運動して、全国の自治体に無担保・無保証人融資を作らせてきた歴史があります。公的融資制度を大いに活用しましょう。


安心して使える公的融資制度
    制度の名前 貸付限度 返済期間 据置期間 利率 保証人・担保
国民金融公庫 普通貸付 4800万円 運転5年、設備10年 あり 年2.6% あり
国民金融公庫 新規開業 設備7200万 設備15年 あり 年2.6% あり
埼玉県 無担保・無保証人 1000万円 運転・設備7年 1年 年1.75% 不用


※市町村には、1000万円が限度の無担保・無保証人融資制度があります。
  詳しくは
         →あなたのまちの<民主商工会>へ!

                                                     民商新聞


リンク
青年部
婦人部
共済
税金
経営・法律
金融
道場



埼玉県商工団体連合会
 TEL 048-824-3961
 さいたま市中央区
 下落合7-11-1
 minsyo@minsyo.gr.jp

埼玉県商工団体連合会