埼玉県商工団体連合会
□HOME  |埼商連のおいたち民商運動の起こりと3つの理念活動案内民商新聞


          民商運動の起こりと3つの理念

民主商工会(民商)とは?
 民主商工会(民商)は、すべての都道府県に600をこす組織、37万人の会員、50万人の「全国商工新聞」読者を有し、日本経済の主役である中小業者の社会的・経済的地位向上、営業とくらしを守る運動を日常的にすすめ、会員が毎月おさめる会費で運営され、会員の思想・信条を尊重しあう中小業者の自主的・民主的な組織です。

民商はいつ、どんな人たちによってつくられたのですか? 
 戦後、政府は「増加所得税」「取引高税」「事業税」といった、途方もない重税を中小業者におしつけてきました。こうした重税苦から営業と生活を守るために、中小業者や多くの市民が各地で重税に反対する運動をもりあげ、その中で「民主商工会」が全国に組織されていきました。今日では50年以上の豊富な実績にもとづく多彩な運動を展開しています。

民商運動の3つの理念
<その1>
 わたしたちは、会員の利益と幸福だけではなく、日本の中小業者全体、大きくは国民全体の幸福のために運動を行っています。
 民商の要求と運動が道理にあったものであったからこそ、さまざまな攻撃のなかでも前進しつつけています。
<その2>
 わたしたちは団結こそなにものにもまさる宝だと考えています。中小業者の要求を実現していくために力を合わせること、これこそ民商運動のモットーです。
<その3>
 わたしたち中小業者の要求は、多くの国民の支持をえて、ともにたたかう中でこそ実現の道が、大きく切り開かれます。


                                                     活動案内


リンク
青年部
婦人部
共済
税金
経営・法律
金融
道場



埼玉県商工団体連合会
 TEL 048-824-3961
 さいたま市中央区
 下落合7-11-1
 minsyo@minsyo.gr.jp

埼玉県商工団体連合会